京都の水

京都の名水
京都は豊富な水に恵まれたところです。錦市場に代表されるように、湧き水がいたるところにあります。京都の地下には「琵琶湖」と同じ規模の水が蓄えられているといわれています。その水が一番湧き出るところが南にある酒処・伏見です。京都三名水・御所三名水・伏見七名水などいたるところに湧水・井戸があります。

 

三名水
染井(そめい)京都市上京区寺町通り広小路上ル染殿町
京都御所の東側、梨木神社境内にある「染井」は、京都三名水の中で千年以上も涌き続けている唯一の井戸

 

醒ケ井(佐女牛井)(さめがい)京都市下京区四条通堀川東入北側
昔、堀川五条下った京都東急ホテルの横にあった。現在ここ京菓子店「亀屋良長」にてその水はまもられている。

 

県井(あがたい)
京都御苑内・中立売御門の北側にあった井戸で、御苑三名水のひとつ。現在は利用されていない。五摂家のひとつ一條家の屋敷があったところ。

 

京都市内の名水

 

桃の井 京都市中京区堺町通二条上ル亀屋町
造り酒屋・キンシ正宗の「堀野記念館」にある。現在酒造拠点は伏見に移されているが、町家文化を伝える記念館は切妻造の文化的資産。

 

 

 

祇園花見小路の井戸
道路横にも何気なく井戸があります。周りの料理店では、この水を使い洗い物、料理の仕込みにも利用されてます。

 

伏見の名水
御香の宮に湧き出る、香る水「御香水」